福岡の葬儀社ナビ~予算や要望に合ったお葬式を~  » お葬式の基礎知識 » 祭壇、お棺、骨壺の種類

ニーズ別・福岡の葬儀社3

祭壇、お棺、骨壺の種類

祭壇、棺、骨壺の種類と費用相場、選ぶ際の注意点をまとめてみました。

祭壇の種類と相場、選ぶ際の注意点

祭壇のイメージ画像葬儀で使われている祭壇は主に2種類に分けることができます。

  • 白木祭壇
    白木祭壇は厳かな美しさがあり、厳粛な雰囲気をかもし出している伝統的な祭壇です。仏教の葬儀では昔から一般的に利用されているもの。
  • 生花祭壇
    生花祭壇は、本来キリスト教や無宗教の葬儀で用いられてきた祭壇でしたが、花々の持つ優しさで最近では仏式でも広く使われています。

費用相場は、30~120万円と価格に大きな幅があります。

これは、故人の社会的な地位や人望、また、亡くなった方ご本人や遺族や意向に沿った形で祭壇をシンプルにするなど、さまざまな葬儀スタイルがあるため。

その式にふさわしい祭壇を選ぶためには、自分たちが望む葬儀のスタイルを、しっかり固めておく必要があります。

最近では、家族葬を行う家庭も増えてきており、それに合わせた祭壇も数多く登場しています。

葬儀の規模や予算に合ったものを利用することで、金額に関するトラブルを未然に防ぐことができます。

棺の種類と相場、選ぶ際の注意点

棺の素材にも、天然木や合板など色々な種類があります。

現在、天然木のものよりも多く利用されているのが、合板の棺です。布を張った棺も、最近では色を選べるようになってきました。

費用相場は8万円前後

天然木を用いたものや彫刻が施された棺の中には、非常に高額なものもありますが、葬儀社によっては、通常より高い値段に設定しているところもあるので注意しましょう。

骨壺の種類と相場、選ぶ際の注意点

骨壺のイメージ画像骨壺はほとんどの場合で葬儀社で用意しているか、もしくは火葬場で販売されています。

火葬場で販売されている骨壺は、基本的に白無地で陶製のものが多いのですが、葬儀社などでは、模様や色つきの骨壷など、さまざまなグレードがあります。

相場としては、一般的な白無地のもので1万円~1万5,000円程

中には、骨壺を趣味で作った陶芸の壺など、思い出の品でお願いする方も増えてきているようです。

生前に用意されている骨壷がある場合には、火葬場に持ち込めるよう、葬儀社に手配してもらいましょう。

◆免責事項◆
このサイトは、葬儀スタイルや福岡で葬儀社を探している方のお手伝いをしたいと、個人で調べた内容で構成しています。料金やプランなどは変わる可能性があるので、最新情報は各葬儀社の公式ホームページを必ずご確認ください。

ページ先頭へ