福岡の葬儀社ナビ~予算や要望に合ったお葬式を~  » お葬式の基礎知識 » 食事、葬儀場の選び方

ニーズ別・福岡の葬儀社3

食事、葬儀場の選び方

通夜と葬式でふるまう食事の内容と予算相場、手配方法、そして、葬儀社が保有している葬儀場の選び方など紹介します。

葬儀での食事の種類と手配方法

葬儀での食事イメージ(精進料理)葬儀プランによっては、料理を自分たちで手配しなければならない場合もあります。

斎場によって、指定する料理屋があったり、持ち込みが禁止されているところもあるため、事前に確認をしましょう。

通夜と葬儀でもてなす食事の内容と予算、料理の手配方法を見ていきましょう。

通夜食(通夜料理)

お通夜のあとにふるまわれる料理のことで、簡単につまめるものが多く見られます。

5,000円前後の寿司桶とオードブルなど、4~5人分を必要に応じて注文します。

お斎(おとき)

地域によって名称に違いが。葬儀の前に食べる食事のことで、故人と最期の食事をするという意味合いもあります。

定食やお弁当に似たものが多く、一人1,000円~3,000円くらいが多いようです。

精進揚げ(精進落とし)

葬儀を手伝ってくれた方や、告別式に参列した方々の宴席料理です。法事の食事もこう呼ばれています。

葬儀のしきたりの名残で、本来であれば、四十九日法要まで肉や魚を食べることはできないのですが、現在では、葬儀の日に四十九日法要を行って、これらを食べることとなります。

3,000円~5,000円が相場です。

葬儀場は複数の中から選ぶ

昔は、自宅で葬儀を執り行うことが一般的でしたが、近年の住宅事情を踏まえ、今では、斎場や葬儀会館で葬儀を営むことが当然になってきました。

葬儀を行う場所の特徴と選び方を紹介していきます。

葬儀会館

葬儀社の多くが、葬儀会館を持っています。つまり、葬儀会館で葬儀を行うためには、葬儀社に式を依頼することが前提となります。

ですが、葬儀会館と一口に言っても、設備が整っているところもあればそうでないところも

葬儀社によっては、斎場や葬儀会館をいくつも持っているところがあるので、そういった業者を選ぶことで、選択肢が広がります。

特に、遠方からの参列者が多い場合には、交通アクセスに優れ、駐車スペースの十分にある会館が望ましいでしょう。

公営斎場

自治体によっては公営の斎場を持っていることがあります。公的な施設ですから、式場費用が抑えられるのがメリットですが、時期によっては混み合っている場合もあります。

また、故人、もしくは施主・喪主が、その地域の住民票を保有していないと利用できないこともあります。利用できたとしても、市民料金より高くつくこともあるので注意しましょう。

自宅

近年は自宅での葬儀が少なくなってきましたが、直葬や、介護などにより自宅で最期を迎えた方がそのまま家での葬儀を希望される場合もあります。

自宅で葬儀を行うときには、家の中に棺を入れるだけの間口があるかどうかも確認しておきましょう。

業者の中には、自宅で行う葬儀に不慣れなところもあります。自宅で葬儀を行う際は、前もって葬儀社によく相談すると良いでしょう。

◆免責事項◆
このサイトは、葬儀スタイルや福岡で葬儀社を探している方のお手伝いをしたいと、個人で調べた内容で構成しています。料金やプランなどは変わる可能性があるので、最新情報は各葬儀社の公式ホームページを必ずご確認ください。

ページ先頭へ